ソフト風俗:オナクラ&回春マッサージ

風俗、その種類について。

風俗

huuzoku

「風俗」という単語は今や、「性風俗関連特殊営業」を指し示す言葉として一般化しているが、もともとの意味としてはそういったものも含んだ、社会的な状況全体を指す言葉であった。
「現代の風俗」という言葉を使うときには、現代における社会状況とはどのようなものであるのか、その在り方や人々の価値観、それらのものを引っくるめて表現する言葉だったのである。

この言葉が現在のように、女性が働き客として来た男性に身体を密着させて性的なサービスを提供する業種や、そのようなサービスの提供を行う店を指し示すようになったのは、「風俗の乱れを防ぐ」という目的で施行された「風営法」の成立からである。
戦後まもなく作られ、その後整備されて現在のような形に落ち着いたこの法律によって、上記のようなサービスを提供する店や、そのような業種に就いている人たちは許認可制のもとで、社会風紀を乱さないように営業場所や営業時間を設定されることになった。

業種

ひと口に「風俗」と言っても、それに関する決まりごとを定めたり取り締まりを行なったりしている風営法の中には、さまざまな業種が含まれている。
性的なサービスを、店に勤める女性が男性客に提供するような店ばかりではなく、パチンコ店やナイトクラブなど、一見アダルトの趣のない遊興施設も、これに含まれている。
つまり風営法というのは、清廉潔白で真面目一辺倒の社会では見られるべきではないとされる「遊び」全般に関わる法律なのである。

その中でも代表的な業種は、やはり性的なサービスが中心の「性風俗関連特殊営業」だが、その中にもいくつかのジャンルがあり、また提供されるサービスにも違いが出てくる。
たとえば性行為そのものをサービスとするソープランドがあったり、働く女性には男性客が触れてはならないということが基本になっているオナクラもある。

技術

waza

いわゆる「風俗店」と呼ばれる性的なサービスを提供する店には種類があり、行われるサービスにも違いがあるというのは前述の通りだが、男性客が求める性的な快感や満足感を与えるためのさまざまな技術が、ここでは使われている。

「閨房のワザ」などと呼ばれている、寝室の男女が相手を満足させたり自分が満足するために使う技術は、古代文明の頃から試行錯誤され、磨かれて、今に伝えられるものである。
性行為というのは必ずしも男性器と女性器が凹凸の関係を結ぶことで行われるだけのものではなく、男女は身体のあらゆる部位をそのために動員する。
たとえば、口唇や手、乳房や尻、人によっては足を使う場合もある。

日本では売買春は基本的には禁止であり、性器を交えた性行為は建前上、禁止されている。そのような事情から、ここで取り上げている種類の店では上記のような「それ以外のワザ」をもってサービスを行なっているのである。
あるいは、男性客の性的な満足感を最終的なゴール地点に定めながら、サービスの多くの部分を「マッサージ」の時間に割くタイプの店も存在している。






金沢のオススメ風俗情報をお探しなら-ヌキなび北陸
[1]
金沢の人妻デリヘル風俗は即尺とド変態プレイが可能です!│射裸裸